MOIKO

2010年、親友のMariとAnuが「挨拶をしやすくする」というミッションのもとヘルシンキに設立。以来様々な言語の挨拶にこだわってコレクションを製作。見たら思わず笑顔になったり、話しかけたくなったり、単なるアイテムとしてだけではなく、コミュニケーションのきっかけになる商品を創り続けています。また、Moikoは2017年、リフレクティブ・ハンズでドイツの「レッド・ドット・デザイン賞」(プロダクト・デザイン部門)を受賞しました。